上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恒例の1ヶ月間に観賞した映画のまとめ

2012年4月
総本数 40本(再観賞含む)
ランク別本数 
S級-1 SA級-3 A級-7 AB級-16
B級-12 BC級-0 C級-1 D級-0

主観的ランクは8段階で最高のS級からはじまってD級が最低。

今月、A級以上を得た作品名
S級  「蒲田行進曲」
SA級 「ブラインドサイト~小さな登山者たち~」
    「未来を生きる君たちへ」「息もできない」
A級  「瀬戸内少年野球団」「ハーヴェイ」「マネーボール」
    「127時間」「パラサイト」「ヤング・ゼネレーション」
    「ありあまるごちそう」

※あくまでも個人的主観での評価です。

作品選びの参考にでも。


今月は総数40本。最近では最も多い月となった。


S級、SA級がなかった先月だったが、今月は合わせて4本も出た。

「蒲田行進曲」は昔から観ておくべき作品だったが機会がなく
先日ようやく観賞。さすがに名作と呼ばれるだけのことはあって
スピード感が素敵だったし、何より映画に対する愛がある。

「ブラインドサイト~」をはじめドキュメントも良い感じ。
ドキュメンタリーのカテゴリーに感想があるので参照。

「未来を生きる君たちへ」も好きなジャンル。別途記載(4/14)があるので参照。


A級以上は7本、まあ平均的な割合。

「ハーヴェイ」みたいな昔のファンタジー作品って夢があって良い。
一方で、現代の現実的な話である「マネーボール」みたいな作品も良かった。

意外と最近好きなのが、ロバート・ロドリゲス監督作品で、
今月で言えば「パラサイト」がそう。
なんだそれ、と思う展開も、気持ち悪いと感じる絵も
この監督流だと芸術的に見えてくるから不思議。

「ヤング・ゼネレーション」もずっと観たかったのに
なかなか手に入らなかった作品。そういう映画を観れる
機会がもっと訪れてくれればいいなと思う。
名作と謳われているのに観れてない作品はまだまだ多い。

もう1つ、C級という非常に久々なランクに入った作品。かなり程度の低いレベル。
「ダーリンは外国人」これ久々に観た駄作。
多分原作コミックは面白い(そう聞く)。
映画にする必要はありませんでしたね、という残念な作品。


来月はどんな作品が待っているのだろう。


↓Horoが作品毎に個人的につけているランクの詳細はこちら↓
映画ランキング

S級   永久保存的大傑作。いつでも観賞できるようDVDを持っていたいランク
SA級  S級は逃したものの推薦度超高の名作。観る時の心境しだいではS級の可能性があるランク
A級   十分に評価できるし勧められる秀作。飽きずに観れて、もう一度観たいランク
AB級  平均より少し高いまずまずの良作。機会があればもう一度観てもいいランク
B級   平均的。可もなく不可もない凡作。観て損はないが、再度観るほどではないランク
BC級  やや退屈で平均を下まわる。最後まで観れるものの途中挫折の可能性もあるランク
C級   意味不明、或いは興味の沸かないテーマに途方に暮れる駄作。苦痛を感じるランク
D級   苦痛を越えてバカバカしさに怒りすら覚える愚作。或いは生理的NGなランク

FC2 Management
Secret

TrackBackURL
→http://tropicalbeachresort.blog31.fc2.com/tb.php/711-f6f7e793
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。